BSA前期コース

経営の三本柱であるヒト、モノ、カネの基礎を学ぶ。会社が抱える課題に対して筋道を立てて考え整理する力を養う。また単発的な解決策ではなく、利益を言う見続ける仕組みの構造や組み立て方を学び、目指すべき目標の考え方を財務諸表から読み解く。

論理的思考

目標まで最短距離達成する。
その道のりを自分で立てる、切り拓く。

経営に関わる戦略、財務、人事などこれらすべての課題に取り組むには論理的思考は必要不可欠です。6時間の授業では“利益”に焦点をあて、利益の構造を出来るだけ細かく分解することで利益をあげる問題個所を的確におさえていきます。
また実用新案を取得した「問題解決支援シート」を用いる事で、自分の考えを可視化し、問題、原因、解決策が繋がっているかを確認し、最終的にはA4縦型の企画書が作成できるスキルも身につけていきます。これまで行ってきた勘や経験での経営判断から、論理的思考を習得することで自信をもった迅速な意思決定ができるようになります。
授業スタイルはグループディスカッションを中心に受講生同志が発言し合い議論をしながら論理的思考を鍛えていきます。

🏠 🔝

理美容戦略マネジメントゲーム

サロンを通じての数字の学びと
気づきがあります、逆算的な思考により
これよりのサロンに於ける戦略を立てられるようになり、
ゲームという楽しみながら<戦略思考>が体感できる講義です。

自己資本って何?戦略会計って?経営計画を作る?損益分岐比率?会計用語が解らない、利益感度…これらが全て解消できます。
参加者ひとり一人が社長=経営者となり、ゲーム上で設備投資から人員の採用、材料の仕入販促活動、社員研修や資金借入、そして決算書の作成までをゲームを通じて楽しく学べます。
経営者以外の方も、経営を体験することにより、戦略思考、決断力、計数力が学べ、「経営は利益からの“逆算”である」 ということも体感することができます。
利益を2倍にする未来からの逆算を実践することの重要性が、ゲームを通じて理解できます。他にも…
【1】戦略会計STRAC®の用語やゲームで得た経験値が、社内の『共通言語』 として定着化し、コミュニケーションや意思決定において、スタッフの思考と行動が社長や店長と同じ方向を向くようになります。
【2】<自ら意志決定し、自ら決算してつかんだ数字>を扱うので、本などで触れる会計知識が、“活きた体験データ”としてしみ込んでゆくので、数字の理解度と会計知識の吸収度が圧倒的に高まります。
【3】仕事をやり易くする環境を整えて準備しておくことが、いかにミスを減らし、いかに仕事の効率を上げるか?“儲かるお店作り”の真理に気づきます。
【4】普段は行うことの無い、自身の方針とは違う<経営スタイル>を実践することにより競合が何故この経営スタイルを行うのか?を客観的に実践・学ぶことが出来ます。
【5】ソフトバンクの孫社長も戦略を立てる行程では、活用を余儀なくされるマネージメントゲーム。
ゲームだからこそリスクを負うことが出来、ゲームだからこそ失敗から学べる経験が出来ます。

🏠 🔝

ファシリテーション

生産性の高い会議
ミーティングの手法を身につける。

環境変化に対応したスピードのある経営を展開するには経営者だけではなくスーパーバイザー(又は経営幹部)による積極的な組織の参画や巻き込みが必要です。ファシリテーションの授業では、組織の様々な知識や経験、考えを持った個人を集め自律的に行動させ、積極的な参画を促すことでモチベーションを高め個人の能力を活性化させることで高い創造性と生産性を生み出す方法を学びます。
またファシリテーションを行うファシリテーターのスキルも同時に習得します。ファシリテーターはリーダーの立場でなくても非公式のリーダーシップを発揮しチームが最大の結果を生み出すために一人ひとりの能力を発揮させ組織の成果を高める役割も担います。授業では本番さながらのロールプレイイングを行いながら自身の癖やポイントを体験しながら習得していきます。

🏠 🔝

プロモーションマーケティング

我流の販促から脱し
新しく体系化された手法を学ぶ。

これまで店内で行われてきた販促手法は過去の経験や肌感覚で行われてきました。これは美容サービス業界に限らず、他業種でも同様の事がいえ、言い換えれば「何でもあり」という状態が現場で日々行われ、本来の販促の役割や機能が曖昧にされPOPなどの販促ツール制作の技術的な側面ばかりが重要視されてきました。
授業では広告代理店業界が設立した日本プロモーショナルマーケティング協会のテキストを元に目先の戦術的レベルだけの対処から脱却し、販促が本来果たす役割や理論的に体系化された仕組みを学ぶことで、利益にしっかり結びついた効果的な販促を学んでいきます。

🏠 🔝